デッサン 通信講座 教育

通信講座を利用してデッサンがうまくなったようなきがします。

デッサン通信教育

私はいきなり上手に描ける水彩画講座を購入し練習しています。
この水彩画講座は、DVDを見ながらマネして書くだけでかなり上手に作品が仕上がります。

デッサン通信教育

  ↑  ↑  ↑
ぶっつけ本番で一発でこの仕上がりです。まあまあ上手に描けたと思います。
絵心が無い私がこのくらい綺麗に色を塗れたのは、このDVDがとても効果的だということでしょうね。

 

でも、このいきなり上手に描ける水彩画講座の良いところは、実はこの色塗りだけではないんです。

 

デッサンも上手になる。

このいきなり上手に描ける水彩画講座は、色を塗ることだけではないんです。
水彩画の元となるデッサンも上手に描くことができるコツも紹介しています。
そのコツを元に私も書いてみましたが、一発目に書いたのがこちらです。
  ▼  ▼  ▼  ▼

デッサン通信教育

 

まあ、最初の一発目なので、表情もあまり可愛くなく、細かいところは、ちょっと雑かもしれませんが、全体的にまあまあの仕上がりじゃないでしょうか。
この水彩画講座の良いところは、一つ一つ順番にコツを紹介してくれているところで、しっかり学習していけば、かなり上達します。
絵を描く時って、ただ沢山書けばよいというわけではなく、上手に描くコツを知っているかどうかがとても重要と言われています。
一度コツを覚えれば次回からかなり上手に描くことができると思います。
始めは見本に直接色を塗っていくのですが、どんどん上達すれば、自分が描きたいものを一からデッサンして、色を付けていくことも簡単ですよね。
応用すればあこがれの芸能人や好きな人の写真を見ながら自分の好きなように描いていくことだって可能ですから、想像するだけでもちょっと楽しい気分になれるかもしれませんね。

 

 

ネットで調べるのってどうなの?

 

確かに今はなんでもネットで情報が出ているので、「デッサン コツ」というように検索すると、デッサンの道具やコツが出てくることでしょう。
まあ、そのサイトで十分コツがつかめるならいいでしょう。しかし、ネットに掲載しているのは、文字や画像だけの情報で、それを見てもすぐにマネすることって難しいです。
また、最近ではユーチューブでもデッサンのコツを紹介している動画が沢山あります。
しかし、それも結局早送り的な動画で、実際に細かいところまでゆっくり丁寧に紹介している動画ってなかなか無いんですよね。
というのも、細かいところをゆっくり細かく書いている動画って時間が長時間になり飽きるので、視聴する人が少ない=投稿者も投稿しない。というようになっている気がします。
最初から最後までゆっくり丁寧に教えてくれるものとなると、やっぱり専用のDVDが良いと私は思います。

 

まあ、ネットや動画の情報だけでめちゃくちゃうまくなるのであれば一番手っ取り早いですね。
しかし

  • デッサンの基本をちゃんと学習したい。
  • 一からゆっくりしっかり学習したい。
  • プロ講師直伝のテクニックを見たい。

という方は私も購入したいきなり上手に描ける水彩画講座を申し込んでみることをおすすめします。

 

実際に購入したより詳しい口コミはこちらからどうぞ
  ▼  ▼  ▼  ▼
いきなり上手に描ける水彩画講座の口コミ感想

 

 

 

独学でデッサンを学習したい

独学は、学校に通ったり、通信教育などを利用せず、学習する事だと思いますが、もし独学する場合は、専用の本を購入することをおすすめします。
デッサンは実際のものを見て髪に鉛筆などで描いていくという単純なものです。
しかし、デッサンは意外にも奥が深いです。
描くときのバランス、影の付け方など、デッサンのプロって以外にもかなり考えながら書いているみたいです。
今までデッサンをしたことが無い人がいきなり上手にはならないはずです。

 

というのも、上手に描くコツというものがあります。
100枚ひたすら絵を描くよりも、しっかりコツを押さえて10枚描いた方が上達が早いと私は思います。
大事なのはコツです。そのコツをしっかり紹介している本を購入してプロの上手に描くコツをまずは学習するのが近道だと私は思います。

 

まあ、私も別にプロではないので、大きな口は叩けませんが、少なからず、へたくそだった私が少しでも上手になれたのも上手に描くコツを教えてもらったおかげだと思っています。

 

独学を希望の方は、まずは本屋さんでデッサンの本を探してみてはいかがでしょうか。


page top